駅伝の第62回県中学校体育大会は4日、いわき市の21世紀の森公園で開かれ、男子は高田が初優勝し、女子は勿来一が4年ぶり2度目の頂点に立った。

 地区大会を勝ち抜いた男女各33校が出場。男子は6区間18.06キロ、女子は5区間12.06キロでたすきをつないだ。男子の高田は、2区でトップに立ち、その後先頭争いを繰り広げた。5区で後続に39秒差を付け再び先頭となると、ゴールまで首位を守り抜いた。

...    
<記事全文を読む>