外見通り温厚で穏やかな人柄だが、内には並々ならぬ闘志を秘める。バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区の秋田ノーザンハピネッツを今季から率いる前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)。「自分の中の奥深くに『やり返したろ。見とけよ』というめらめらした気持ちがある。自分にしかできない、秋田にしかできないことを突き詰めていきたい」と語る。37歳の若き指揮官は、チームをチャンピオンシップ(8チーム進出)に導くとともにバスケットを通して地域を元気にしたいという強い思いを持つ。

 ハピネッツは9試合を終え、5勝4敗と白星を先行させている。西地区大阪とのホームでの開幕戦を制し、第3節...    
<記事全文を読む>