バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の三遠は30日、ブライアン・ロウサムヘッドコーチとの契約を28日付で解除したと発表した。ロウサムヘッドコーチは今季から指揮を執ったが、開幕から泥沼の10連敗中。後任には河内修斗アソシエイトヘッドコーチが昇格して就く。
 鹿毛誠一郎ゼネラルマネジャーは契約解除の理由について「クラブの危機的状況に変化をもたらし、戦う集団となるため」としている。
 前身の浜松・東三河フェニックスで選手としてのプレー経験もある河内新ヘッドコーチは「この歴史と伝統あるフェニックスの誇りを再び取り戻せるよう、責任と覚悟を持って戦う」とのコメントを出した。...    
<記事全文を読む>