プロバスケットボールBリーグの設立4季目となる2019―20シーズンが10月、開幕した。2季連続で西地区優勝し、チャンピンシップ(CS)準決勝進出を果たした琉球ゴールデンキングスにとって、初のリーグ制覇を目指す新たな挑戦が始まった。現在、6勝3敗で西地区3位。日本代表級の主力選手が移籍し、12人中6人が入れ替わった中、上々の滑り出しと言えそうだ。

...    
<記事全文を読む>