バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)の公式戦が二十六、二十七の両日、七尾市の七尾総合市民体育館で開かれた。同市出身の赤穂さくら選手(23)、妹のひまわり選手(21)=いずれもデンソーアイリス=と、坂本美樹選手(24)=トヨタ紡織サンシャインラビッツ=が対戦。地元で活躍する姿を見せ、子どもたちに勇気を与えた。(中川紘希)

 両チームが各日一試合戦い、一日目は82-56、二日目は82-67でトヨタ紡織が二連勝した。地元出身選手が得点すると、会場のファンから特に大きな歓声が送られた。

 坂本選手は「二日目は得意のドライブが...    
<記事全文を読む>