「支えてくれるチームやブースター(ファン)の思いに応えたい」。バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の岐阜スゥープスに所属する米国出身のビンゴ・メリエックス選手(38)が日本国籍の取得を申請した。チームにとっては2人が制限の外国人選手を3人起用できることになるだけに日本、岐阜を愛するビンゴ選手の決断を歓迎。現在はチーム初の「帰化申請中選手」としてベンチ入りしており「勝利に貢献したい」と目を輝かせる。

 

 ビンゴ選手はドイツやベルギーのリーグを経て、2014年に当時bjリーグの島根(現B1)で日本でのキャリアをスタートした。福岡や福島を経て、17年にB3参入を目指していたク...    
<記事全文を読む>