プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは20日、沖縄市体育館で秋田ノーザンハピネッツ(東地区)と今季第6戦を行い、78―71で勝利した。第4クオーター(Q)に一時逆転を許したが、個人技による得点と粘りの守備で勝ちきった。通算成績は3勝3敗。次戦は23日午後7時15分から、滋賀県のウカルちゃんアリーナで滋賀レイクスターズと対戦する。  秋田の7連続得点で4点差に詰め寄られた第4Qの残り7分41秒。キングスは守備の連係の乱れから早々にチームファウル5つを犯し、完全に流れを失う。ここで、佐々宜央HCが声を張り上げて選手5人をコート隅に集め.

...    
<記事全文を読む>