レバンガ北海道は選手全員がハードワークで戦術を徹底し、連敗で浮き彫りになった守備の甘さを払拭(ふっしょく)してみせた。内海ヘッドコーチ(HC)は「簡単に点を取らせない粘り強い守備で、相手の攻撃のリズムを崩し、そこから得点につなげることができた。これがわれわれのバスケだ」とうなずいた。

 各選手が気迫をみなぎらせて相手ボールにくらいついた。「きょうは最初からエナジー全開で守備に臨んだ。特にインサイドで狙い通りの守備ができた」と内田。全員が奮闘し、前日は好きにやられたインサイドで簡単にシュートを打たせず、相手をてこずらせた。

 第2クオーター以降は、レバンガのしつこ...    
<記事全文を読む>