バスケットボール男子、B2仙台は19、20日、仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台で西地区5位の奈良と対戦する。18日は、青葉区の仙台大明仙バスケ・ラボで守備の連係確認を中心に練習した。約2時間のミーティングも行った。
 奈良の攻撃の中心となるのは、Bリーグ初年度仙台に在籍したマンガーノ。調子の波は大きいが、3点シュートが当たりだすと怖い。西や井出らシューター陣にも警戒が必要だ。桶谷監督は「マンガーノは攻撃の火付け役。しっかり止めてリズムをつかみたい」と話している。

...    
<記事全文を読む>