バスケットボールの女子Wリーグは18日、引佐総合体育館などで3試合を行った。2年9カ月ぶりに静岡県内での試合に臨んだシャンソン化粧品はトヨタ紡織に56-88で敗れた。
 シャンソンは石川のゴール下のシュートで先制したが、相手の6連続得点などで差を広げられ、前半を24-40で終えた。後半は石川や坂田、ファトーらが内角から得点を重ねたが、相手の攻撃を防げなかった。
 19日も引佐総合体育館でトヨタ紡織と対戦する。

 トヨタ紡織 4勝1敗 88(19―4 21―20 20―18 28―14)56 シャンソン化粧品 1勝2敗

 ■...    
<記事全文を読む>