男子バレーボールのトップリーグ「V1リーグ」が二十六日に開幕するのを前に、三島市を拠点とする東レアローズの篠田歩(あゆむ)監督(39)と星野秀知(ひでとも)主将(29)らが十六日、市役所で優勝への意気込みを語った。

 東レは、国内で今月開かれたW杯で日本代表入りした藤井直伸(27)、高橋健太郎(24)、李博(りはく)(28)の三選手を擁する強豪。ともに浜松市出身の鈴木悠二(33)、酒井啓輔(23)両選手も所属する。昨季はレギュラーラウンドを十チーム中五位で通過し、最終順位を決めるファイナルステージでは三位となった。

 六月に就任した篠田監督は「昨季はけが人が多く...    
<記事全文を読む>