プロバスケットボールB1第2節は12日、各地で3試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスは滋賀県草津市のYMITアリーナで西地区の滋賀と対戦、84-71で勝利。開幕からの連敗を2で止め今季初勝利を挙げた。

 ブレックスは第1クオーター(Q)に渡辺裕規(わたなべひろのり)が5本のフィールドゴールを全て成功させる12得点の活躍で24-21とリード。しかし第2Qは滋賀の勢いに圧倒され、オフェンスが停滞。日本代表の竹内公輔(たけうちこうすけ)が6得点と奮闘したものの、前半を34-38とリードされて折り返した。

 後半はブレックスが反撃。第3Qは立ち上がりから守備の激しさを見...    
<記事全文を読む>