バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は11日、札幌市の北海きたえーるなどで2試合を行い、東地区のレバンガ北海道は75―71で、今季B2から昇格した西地区の島根を下して開幕3連勝を飾った。

 第4クオーター終盤まで競り合いが続いたが、チーム最多23得点のカミングスや橋本の活躍で島根の追い上げを振り切った。

 レバンガは12日も午後3時5分から、北海きたえーるで島根と対戦する。

...    
<記事全文を読む>