カミングスの第4クオーターのブザービーターが反撃ののろしだった。

 ドライブから相手のマークで体勢を崩しながらもシュートを放ち、同点に。劇的展開にレバンガ北海道ベンチもファンも総立ち。最高の空気で延長に突入した。

 「試合の後半からはキース(カミングス)と心中しようと思っていた」と橋本。相手の守備から、カミングス主体で組み立てると分があるとの読みが当たり、延長だけでもカミングスは9得点。「シュートタッチが悪かったからドライブに切り替えて攻めた」とカミングス。試合終了のブザーが鳴ると、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。

 延長に入る前にトラソリーニと...    
<記事全文を読む>