1部は9試合を行い、今季初戦を迎えた東地区のレバンガ北海道は北海きたえーるで、中地区の横浜に72―67で競り勝った。シーズン開幕戦での勝利は、2007年に前身のレラカムイ北海道が当時の日本リーグに参戦して以来、初めて。

 序盤からエースのトラソリーニが得点を重ね、前半を43―29で終えた。第4クオーター後半には相手の猛追で同点とされたが、新加入のカミングスらの得点で再びリードを奪った。

 レバンガは7日も午後7時35分から、北海きたえーるで横浜と対戦する。

...    
<記事全文を読む>