バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のレバンガ北海道は6日、札幌市豊平区の北海きたえーるで開幕戦に臨み、横浜ビー・コルセアーズに72―67で勝利した。選手兼運営会社代表の折茂武彦が今季限りでの引退を表明した直後とあって、会場にはファン5601人が詰めかけ、前身のレラカムイ北海道時代を含めて初となる開幕初戦白星を喜んだ。

 レバンガは序盤から試合を優位に進め、第4クオーターに追いつかれたものの、マーク・トラソリーニらの得点などで逃げ切った。折茂は試合に出場しなかったが、終了後にファンに向け「今季をもって引退させていただきます。皆さんに応援していただいて感謝しかない。今日の...    
<記事全文を読む>