バスケットボールB1第1節は6日、各地で9試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスは川崎市のとどろきアリーナで川崎と対戦、第4クオーター(Q)に14点差をはね返され、69-75で開幕2連敗となった。

 ブレックスは第1クオーター(Q)から攻守に激しさを見せ、ライアン・ロシター、比江島慎(ひえじままこと)らが連続得点を奪い、終盤はジェフ・ギブスのフリースローで同点に追い付いた。第2Qは喜多川修平(きたがわしゅうへい)の3点シュートやギブスの7得点の活躍などで39-38と1点リードで前半を折り返した。

 第3Qは遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)のドライブから攻撃にリズムが生...    
<記事全文を読む>