バスケットボール男子のB2は6日、奈良市のならでんアリーナなどで第3節の7試合を行い、中地区の信州ブレイブウォリアーズは西地区の奈良に73―72で競り勝った。信州は4連勝で、通算成績は5勝1敗。
 信州は第1クオーター(Q)を6失点に抑えてリードを奪う。しかし、第2Qは奈良の外国人選手への守りが甘くなり、31―25で前半を折り返した。信州のシュート成功率が落ちた第3Qに2点差まで迫られると、第4Qも劣勢が続いて残り1分18秒で逆転されたものの、西山の3点シュートなどで再逆転した。
 信州は13、14日、千曲市のことぶきアリーナ千曲で西地区の香川と対戦する。

...    
<記事全文を読む>