プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズは五日、京都市右京区のハンナリーズアリーナで京都ハンナリーズとのチーム開幕戦に臨み、71-89で敗れて「京滋ダービー」をものにできなかった。

 レイクスは前半、佐藤卓磨選手と高橋耕陽選手を中心に攻撃を組み立てた。佐藤選手は3点シュート2本を含む8得点を挙げ、チームをけん引。高橋選手はスピードを生かしたドリブルで相手陣営に切り込み、前半終了間際には相手選手二人を一気に抜き去って、フリースローを獲得。これを冷静に決めて逆転し、45-44で折り返した。

 後半は京都のデイヴィッド・サイモン選手など体格の大きな選手の攻...    
<記事全文を読む>