唐津市に拠点を置く3人制バスケットボールのプロチーム「カラツレオブラックス」が9月27日、同市役所を訪問して今シーズンの結果を報告した。所属する西日本カンファレンス(6チーム)で2位。チームは来シーズンでのさらなる飛躍を誓った。

 国内リーグは6カンファレンスに分かれ、計36チームが参加している。各カンファレンスは5月から9月まで転戦し、レオブラックスは中国・九州地方のチームが所属する西日本カンファレンスで計25試合を戦い、14勝11敗で2位だった。

 上位2チームが集まるトーナメント大会(海外チームも含め24チームが出場)では、初戦でクレヨン(神奈川県)に敗れ...    
<記事全文を読む>