「いい所なのに、どこか元気がない」。バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)、秋田ノーザンハピネッツの水野勇気社長(36)=東京都出身=が国際教養大時代、本県に抱いた感覚がチーム設立の原点だ。「秋田の人は飽きやすいから成功しない」と言われたこともあったが、10年続いた。これまでの取り組みや、永続的なチーム運営に向けた展望などを聞いた。

 ―発足時、「世界に誇ることができるチームに」という目標があった。

 「思い描いている永続するチーム、県民球団には、まだ到達していない。それでも一つ言えるのは、会場の盛り上がりはバスケット界で日本一だということ。観客数はB1千葉な...    
<記事全文を読む>