4年目を迎えるバスケットボール男子のBリーグは3日、川崎-宇都宮(横浜アリーナ・午後7時5分)のオープニングゲームで幕を開ける。

 5戦全敗となったワールドカップ(W杯)日本代表のキャプテンとして世界の舞台に立った川崎の篠山竜青(31)は新シーズンを前に、「つらい経験も含め、世界へ踏み出す一歩はかけがえのないこと。下の世代に伝えることもしていかないと。全部負けたけど、下を向く必要はない」と迷いながらも振り返った。

 NBAプレーヤーの八村塁、渡辺雄太らを中心に大会前は“史上最強”と呼ばれた日本代表の期待は膨らむ一方だっ...    
<記事全文を読む>