4年目を迎えるバスケットボール男子のBリーグが3日に開幕する。今夏のワールドカップ(W杯)に出場した日本代表は5戦全敗と世界の壁を突き付けられたが、2020年東京五輪に向けて、国内リーグの盛り上がりは欠かせない。世代交代を図った横浜は3年連続地区最下位から巻き返しを期している。

 チーム得点王で顔だったエース川村が三河に移籍して大転換期を迎えたビー・コルセアーズ。それでも、就任2年目となるウィスマン監督は「ディフェンスマインドを持った選手が多く、練習から強度も上がっている」と守備の強化に手応えをつかんでいる。

 2季ぶりの復帰となるセンター・...    
<記事全文を読む>