バスケットボール男子Bリーグは4季目となる2019~20年のレギュラーシーズンを迎える。秋田ノーザンハピネッツが所属する1部(B1)は3日、横浜市の横浜アリーナで川崎―宇都宮(旧栃木)で開幕する。秋田の初戦は5日のホーム戦。昨季西地区4位の大阪を迎え撃つ。レギュラーシーズンは昨季と同じ60試合。今季のリーグのテーマは「NEWNESS(ニューネス)」。日本のバスケ界が躍進を遂げ、新たな歴史を刻んでいくとの意気込みが込められている。リーグ全体のレベルは年々上がりつつあり、今季も白熱した戦いが繰り広げられそうだ。

 B1は東、中、西の各地区6チームの計18チーム。秋田は各地区2位...    
<記事全文を読む>