バスケットボールBリーグ1部(B1)レバンガ北海道の折茂武彦選手兼運営会社代表(49)が1日、札幌市内のホテルで会見し、今季限りでの引退を表明した。3日に現役最年長で迎えるB1開幕を前に「決して体力の衰えで引退を決めたわけではない。(選手として)すべての責任は果たせたと思う」と説明した。

 グレーのチームスーツで現れた折茂は、終始落ち着いた表情で会見に臨んだ。チームに引退の意向を伝えたのは今夏で、「バスケのワールドカップで戦う日本代表の姿や、(新戦力が固まった)レバンガの現状を見る中で自然と決断した」と理由を話した。

 2007年、実業団のトヨタ自動車からプロチ...    
<記事全文を読む>