バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツでプレーした選手は県外出身者が大半を占める。引退後、ハピネッツ社に入社した内村祥也さん(28)。九州出身で秋田には縁もゆかりもない。内村さんはなぜ秋田を選んだのか。

 ◇  ◇

【内村祥也さん(28)】

 練習生から1カ月で選手契約を結んだが、2季目は慢性的な足首痛に悩まされた。契約更新はしないと告げられた時、引退の決意に迷いはなかった。

 子どもにバスケを教えたいという思いが長年あった。「常に自分に学びが欲しかった」とアカデミーコーチ...    
<記事全文を読む>