川崎市は二十九日、多摩区生田の生田浄水場用地に、川崎フロンターレ(高津区末長)がスポーツ施設を整備することになったと発表した。同社は人工芝のサッカー場二面を備えた「フロンタウン生田(仮称)」を整備する。二〇二二年度中に供用を始める予定。十一月下旬に周辺住民向け説明会を行う。

 (大平樹)

 計画では、テニスコートと約七百メートルのジョギングコースのほか、多目的広場やクラブハウス、スポーツ整形・リハビリ施設、カフェなどを整備する。サッカー場と広場を隣接させることで、災害時の一時避難場所としても使えるようにする。

 市によると、同浄水場は水道用水と工業用水の両方の浄水...    
<記事全文を読む>