サッカー女子なでしこリーグ1部は30日、台風19号の影響で中止となった第15節の2試合が長野Uスタジアムなどで行われ、AC長野パルセイロ・レディースは仙台に0―1で負け、最終18節を残して9位以下が確定した。
 AC長野は4連敗で、最下位(10位)の日体大とは勝ち点1差。最終節の結果で、9位になれば1部と2部の入れ替え戦に回り、最下位になると自動降格が決まる。
 AC長野は3バックで臨んだ。前半6分、ゴール前のクリアボールが仙台のFW有町に渡り、先制点を許した。後半の反撃も及ばなかった。観客数は1083人。
 第18節は11月2日。AC長野は長野Uスタジア...    
<記事全文を読む>