北海道コンサドーレは来月2日のホーム名古屋戦に向け、ミニゲームなどを行った。26日のルヴァン杯決勝で先制ゴールを挙げたFW菅大輝(21)は、定位置の左ウイングに入り、いい動きを見せた。ルヴァン杯のゴールは今季リーグ、カップ戦通じての初得点。次の名古屋戦でリーグ初ゴールを狙い、勝利に貢献する。

 ルヴァン杯川崎戦の先制ゴールは鮮やかだった。前半10分、ゴール前に詰めた菅の足元に相手DFのクリアボールが来た。「枠にさえ飛ばせば何かが起きる」。利き足ではない右足でミートを心掛けたボレーシュートが、ゴール左上に決まった。

 大舞台常連の川崎相手に延長、PKの大接戦を演じ...    
<記事全文を読む>