J1ジュビロ磐田のGK八田直樹(33)とDF藤田義明(36)の両ベテランが、6年前の静岡ダービーの雪辱を果たしてJ1残留への望みをつなげる覚悟だ。
 残り5試合で迎える次節11月2日の清水戦(アイスタ日本平)は、初のJ2降格を経験した6年前と状況が酷似している。2013年10月27日。同じ残り5試合で本拠地ヤマハスタジアムの清水戦を0―1で敗れて意気消沈したチームは、次の鳥栖戦にも負けて降格が決まった。
 現在所属する選手で6年前の清水戦に先発したのは八田と藤田、今回は左ふくらはぎ痛で出場が微妙なMF山田の3人。途中出場したMF山本を含めても4人だけになった。0―0...    
<記事全文を読む>