サッカーJ1松本山雅FCは今季最終節のチケット(大人)の一般販売で、需要に応じて価格が変わる「ダイナミックプライシング(DP)」を導入する。山雅としては初の取り組みで、高額転売を防ぐ狙い。運営会社は「来季以降に本格導入するか検討する材料にしたい」としている。販売は11月3日から。
 最終節は12月7日。湘南ベルマーレをホーム、サンプロアルウィン(松本市)に迎える。残留争いをしている両チームが直接対決する注目のカードだ。
 DPは対戦相手や天候などに関するデータを人工知能(AI)が分析して適正価格を算出。横浜F・マリノスが2018年に初めて本格導入した。人気カードは価...    
<記事全文を読む>