明治安田J2第38節は全11試合を行い、FC岐阜はアウェーの町田市立陸上競技場で町田に0―0で引き分け。2試合連続の無失点で、7勝9分け21敗で勝ち点30としたが、最下位のまま。

 前節から先発に変更は無く、再びボランチでMF阿部がプレーした。前半から相手のロングボールやサイドチェンジに苦しめられたが、守備陣が体を張って防いだ。後半はMF川西を中心にカウンターから好機をつくったが決めきれず、終盤のピンチをGKジーバースがしのいだが、ゴールは遠かった。

 北野監督は「押し込まれたがしっかり守ってくれた。勝つためには点を取るしか無いので精度を高めたい」と振り返った。...    
<記事全文を読む>