PK戦の末に川崎フロンターレの劇的な初優勝で幕を閉じたサッカーJリーグのYBCルヴァン・カップ。決勝で昨年のリーグ王者を何度も追い詰めたのは、北海道コンサドーレ札幌のゲームキャプテンを務めたDF福森晃斗(26)=藤沢市出身=だ。かつて「Sランクの左足」と呼ばれた川崎育ちのレフティーが、古巣を相手にその価値をあらためて証明した。

 直前のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証を巡るグラウンド内の混乱にも、ひとり冷静にゴールへの道筋を頭に描き続けていた。2―2の延長前半9分。ゴール右20メートル弱の好位置でFKを得た福森は、左寄りに構える川崎GK新井の狭いサイドに狙いを...    
<記事全文を読む>