サッカーJ2横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(41)が27日、横浜市神奈川区のニッパツ三ツ沢球技場で行われたリーグ第38節・東京ヴェルディ戦で移籍後初得点を挙げた。リーグ戦6試合ぶりに先発出場した中村は、前半26分に先制のミドルシュートを決めた。

 横浜市出身の中村は桐光学園高から1997年に横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)入りし、レッジーナ(イタリア)、セルティック(スコットランド)、エスパニョール(スペイン)を経て2010年に横浜Mに復帰。17年からジュビロ磐田でプレーし、ことし7月に横浜FCへ完全移籍していた。 J1通算386試合出場73得点。 日本代表...    
<記事全文を読む>