J1川崎が今季で契約満了となる鬼木達監督(45)に対し、来季の続投を要請することが26日、クラブ幹部への取材で分かった。鬼木監督もオファーを受ける見通しだ。

 コーチから昇格した鬼木監督は2年契約を結んで就任した1年目の2017年にリーグ戦でクラブ初優勝をもたらし、2年目の昨季はリーグ最多得点、最少失点で2連覇を達成。その功績が評価され、今季まで契約を延長していた。

 3年目の今季は、リーグ戦ではここまで12勝12分け5敗の勝ち点48。残り5試合で首位鹿島と勝ち点差8の6位と3連覇達成が厳しい状況になっている。それでもルヴァン杯初優勝に導いた...    
<記事全文を読む>