国内サッカー三大タイトルの一つ、JリーグYBCルヴァン・カップ決勝は26日、埼玉スタジアムに4万8119人の観衆を集めて行われ、川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌を下し、初優勝を飾った。延長戦を終えて3-3で迎えたPK戦を5-4で競り勝った。川崎はクラブ史上5度目の決勝で悲願を達成し、賞金1億5千万円を獲得した。

 川崎は2-3の延長後半4分に、FW小林悠がこの試合2点目となる同点ゴールを決め、PK戦に持ち込んだ。PK戦ではGK新井章太が札幌のシュートを2本止める活躍で大会MVPにも輝いた。

...    
<記事全文を読む>