JリーグYBCルヴァン・カップの決勝が26日、埼玉スタジアムで行われ、初の決勝に臨んだ札幌は3―3で突入したPK戦の末、川崎に4―5で敗れ、クラブ史上初の三大タイトル獲得はならなかった。J1を2連覇中の川崎は5度目の決勝で初の戴冠。最優秀選手にはPK戦で2本止めた新井が選ばれた。

 札幌はPK戦にもつれ込む激戦であと一歩及ばなかった。前半10分、菅が右足ボレーで決めて先制。1―2とされた後半終了間際、福森のCKを深井が頭で合わせて追いつき延長へ。延長前半9分、福森がゴール正面のFKを決め、相手の退場で数的優位となったが延長後半4分に追いつかれた。PK戦は6人目の進藤が相手G...    
<記事全文を読む>