【沼田】元サッカー日本代表で北海道コンサドーレ札幌で活躍した吉原宏太さんが26日、町暮らしの安心センターで講演し、現役時代の経験で培った心構えや健康法について語った。

 町主催の「にぎわい活性化イベント」の一環。吉原さんは「自分より人のため、と思うとすごく力が出る」と述べ、サポーターが喜ぶ姿を見てプレーできることが幸せだったと振り返った。一方、日本代表時代は「気持ちの面で負けていた」と明かし、夢の達成で満足せず、さらに高みを目指す大切さを説いた。

 終了後は、吉原さんの提案でコンサドーレが出場したJリーグYBCルヴァン・カップ決勝のテレビ観戦会を実施。PK戦で惜...    
<記事全文を読む>