JリーグのYBCルヴァン・カップ決勝で北海道コンサドーレ札幌が川崎フロンターレに敗れた26日、札幌でも大勢のファンがテレビ中継を見ながら応援し、試合後は接戦を戦った選手らをたたえる声が続いた。

 札幌市北区のスポーツバー「ジャージーカフェ」には90人以上のコンサドーレファンが集まり、店内の大型画面の前で大声援を送った。敗れた瞬間、深いため息が漏れ、数秒間沈黙が続いたが、その後、大きな拍手が沸き起こり「いい試合だった」「ありがとう」など、選手らをねぎらう言葉が相次いだ。

...    
<記事全文を読む>