JリーグYBCルヴァン・カップの決勝が26日、埼玉スタジアムで行われ、札幌はPK戦の末に3―3(PK4―5)で川崎に敗れ、1996年のクラブ創立以来初の主要タイトル獲得はならなかった。

 札幌は前半を1―1で折り返し、後半43分に川崎に逆転ゴールを奪われたが、終了間際に深井がヘディングシュートを決めて同点に。延長前半9分、福森がFKを決めて勝ち越すが、同後半4分に川崎に追いつかれてPK戦に突入。札幌は6人目の進藤のキックが相手GKにキャッチされて万事休した。

...    
<記事全文を読む>