サッカー元日本代表でJリーグのFC東京で活躍した石川直宏さん(38)が二十五日、上松町の上松小学校を訪れた。日本サッカー協会のプロジェクトの一環で、石川さんは五年生二十五人と体を動かして交流したり、サッカー人生を振り返ったりしながら夢を持つことの大切さを話した。  同協会は「夢の教室」と題し、スポーツ界の一流アスリートを全国の小中学校に派遣するプロジェクトを展開している。本年度に上松町と協定を結んだことで、石川さんの訪問が実現した。  体育館で石川さんがリフティングを見せたり、マットにボールを蹴り込んでキックの威力を披露。元Jリーガーの技術に児童たちからは「おー」と感心する声が上がった...    
<記事全文を読む>