サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は23日、駅前不動産スタジアムなどで準々決勝を行った。J1清水は前半15分にFWドゥトラが奪ったゴールを守り抜いて1―0でJ1鳥栖を下し、5年ぶりの4強入りを果たした。
 準決勝は12月21日に行い、清水はJ1神戸と対戦する。

 ▽準々決勝(駅スタ)
 清水(J1) 1(1―0 0―0)0 鳥栖(J1)
 ▽得点者【清】ドゥトラ
 ▽観衆 5664人

 【評】清水は序盤の1点を守り切り、鳥栖を振り切った。
 前線からの激しいプレスで...    
<記事全文を読む>