J2ファジアーノ岡山は22日、DF田中裕介(33)が右下腿(かたい)部の肉離れで全治3~5週間と診断されたと発表した。20日の長崎戦で痛め、前半に途中交代していた。

 田中はJ1のC大阪から今季加入し、長崎戦までの全35試合(出場停止1試合除く)でフル出場した。主にセンターバックを務め、的確なコーチングやカバリングで守備に安定感をもたらし、攻撃面でも前線へのタイミングの良いパスでリズムを生み出していた。

...    
<記事全文を読む>