サッカーJ1川崎フロンターレは22日、DF馬渡和彰(28)が左膝外側半月板損傷で全治3カ月の見込みと診断されたと発表した。

 9日のYBCルヴァン・カップ準決勝第1戦の鹿島アントラーズ戦で負傷し、17日に川崎市内の病院で手術を受けていた。今季加入の馬渡はここまでリーグ戦13試合に出場し1得点。シーズン中の復帰は絶望的となった。

...    
<記事全文を読む>