11月2日に静岡市清水区のIAIスタジアム日本平でサッカーJリーグ1部(J1)の清水エスパルスとジュビロ磐田が対戦する「静岡ダービー」を前に、両チームの選手によるトークショーが20日、浜松市西区のイオンモール浜松志都呂で開かれた。
 清水はともに浜松市出身の竹内涼、松原后両選手、磐田は大南拓磨、藤川虎太朗両選手が登壇し、ダービーに向けた意気込みを語った。
 竹内選手は「ダービーを見せられなかった時期の悔しさもあり、この一戦にかける熱は大きくなっている」と語り、J1通算100試合出場を迎えた松原選手は「互いにとって大事な一戦。負けられない」と闘志を燃やした。
<記事全文を読む>