サッカーJ1第29節は19日、ニッパツ三ツ沢球技場で横浜F・マリノス(横浜M)-湘南ベルマーレの「神奈川ダービーマッチ」が行われ、3-1で快勝した横浜Mが勝ち点を55に伸ばして3位をキープし、首位の鹿島アントラーズに勝ち点1差と迫った。湘南は浮嶋敏新監督の初采配を飾れず4連敗。16位に後退し、J2降格危機を脱することができなかった。

 リーグ最多得点を誇る横浜Mのアタックは、相手のシステム変更や対策を苦にしないほど成熟している。「相手は4-4-2? 言われるまで全然気付かなかった。相手の間で受けて、ボールを動かすことができた」。試合後の松原健の何気ないコメントが今...    
<記事全文を読む>