十九、二十日に愛知県碧南市である「ビーチサッカー地域リーグチャンピオンシップ」に、東海地区代表として出場するチーム「トリコアレイア」の選手らが十六日、浜松市役所で意気込みを語った。

 チームは東海地区二位で代表枠に入り、同大会への出場を決めた。大会には全国の計九地区のリーグと開催地域の代表合わせて十二チームが参加。四つに分かれてリーグ戦を行い、各一位チームが決勝トーナメントで競う。

 トリコアレイアは一戦目、連覇を続けている関東リーグ一位の強豪と対決する。ビーチサッカーの元日本代表として世界で活躍し、チームの代表を務める鈴木俊多選手(35)=浜松市=は「ジャイア...    
<記事全文を読む>