37歳でも体は軽快に動く。だが、千葉のために全てを注いできた佐藤勇人はプロ20年目で突如引退を表明した。

 理由は10年間昇格ができなかった「自分なりのけじめ」と、J2残留が目標となったクラブに「変化が必要だった」と言う。ジェフの未来を自ら考えた末の決断。「後悔しかないとみんなに伝えた。本音を言えば昇格させてユニホームを脱ぎたかった」。涙は見せなかったが、言葉の端々に無念さがにじんだ。

 これほどジェフを思い、動いてきた男はいないだろう。2009年。J2降格が決まった黄色のイレブンをテレビで見ることしかできなかった。「自分がJ1へ上げないといけない」と古巣へ帰還...    
<記事全文を読む>