全国社会人サッカー選手権は13日、鹿児島県内で2回戦8試合があり、ベスト8が出そろった。県内からはFC伊勢志摩が出場したがFCティアモ枚方(大阪)に1―1からのPK戦で3―4で敗れ、準々決勝進出を逃した。

全国9地域の社会人連盟の代表32チームが16日までトーナメント形式で対戦する。JFL昇格チームを決める全国地域チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を持っていないチームが上位4チームに入った場合、最大3チームまでが全国地域CLに進むことができる。

FC伊勢志摩は今季東海社会人リーグ1部2位で、全社枠での全国地域CL進出を目指していた。

...    
<記事全文を読む>