YBCルヴァン・カップ準決勝第2戦(13日・カシマスタジアムほか=2試合)鹿島は川崎と0-0で引き分け、2戦合計1-3で2年連続で準決勝敗退となった。

鹿島は前半、攻め手を見いだせずに0-0で折り返した。後半は伊藤とレアンドロを投入して得点を狙ったが、1点が遠かった。ボール保持率で大きく下回り、試合の主導権を握れなかった。

札幌は鈴木のゴールでG大阪に1-0で競り勝ち、2戦合計2-2としてアウェーゴール数で上回って初の決勝に進んだ。

決勝は10月26日に埼玉スタジアムで行われる。

■鹿島・大岩監督<...    
<記事全文を読む>